コロナデメリットながら過去最高益更新する勢いの食品企業です。

我が国のコロナ感染者数が想定外に急減しています。専門家は少し前からリバウンドの兆しとか言っていますが、それにもかかわらず依然減り続けています。10月25日現在の1週間移動平均は300人ちょうどです。これは去年の7月12日以来の低水準になります。

 

そういうことで、このところはコロナで打撃を受けた会社の株価が好調です。ただし、イメージで先行した空運、JR、百貨店あたりは今一つです。それよりも実際の業績が大きく伸びている会社の勢いが強くなっています。例えばサイゼリヤトリドールといった外食やコメ兵なんかも実にきれいに右肩上がりです。

 

さて、今回紹介する銘柄は、コロナでダメージを受けた会社ですが、依然ダメージ下にありながら、コロナ前どころか過去最高益に近い業績を達成し始めた会社があります。しかし、まだ株価は上がり出したばかりの食品系の高収益企業です。

 

「コロナデメリットながら過去最高益更新する勢いの食品企業」のレポートを差し上げます。

cherry100.mods.jp

 

 

ブログでは、その他企業の決算速報や関連記事の紹介を行っています。興味のある方は下の株式関連記事目次をご覧ください。

株式関連記事目次

 

【無料レポート差し上げます】 これらのレポートは、株価だけを見て、株の売り買いをして、儲かると思っている永遠の負け組の人たちに、株の本当の意味を教えてくれるレポートです。

『儲かる株式投資「これだけ知っていれば鬼に金棒。みなし損益累積法」』

「株価変動のメカニズムを知って、本当に株式投資で成功したい人のための教科書(38ページ)」

「コロナ後の社会構造変化の恩恵を大きく受ける食品企業」

「コロナのマイナス一巡で、成長加速する内需低バリュー株」

「大幅増益継続見込みながら、株価調整中の内需高成長株」

「2021年の低位株の大化け候補銘柄を紹介します。」

「今年大化け狙いの好業績かつ低バリューの厳選内需3銘柄」

「脱ハンコで注目のサイバーリンクス(3683)の株価考察」

「いよいよ離陸期に入った内需高成長テンバーガー候補銘柄」

「電子書籍市場拡大により異次元成長局面入りした出版業界」

「開花近付くさくらインターネット(3778)のクラウドビジネス」

「アフターコロナでV字回復が見えてきたピカ一旅行関連銘柄」

「ワクチン普及、感染者ピークアウトで注目の出遅れ外食銘柄」

「株価大化け期待の内需、高成長、低バリュエーション3銘柄」

「Eコマース関連の成長企業でありながらも、低PERのネット企業」

「ビジネスモデルの大転換により、コロナ危機を克服した企業」

「夢の成長シナリオがいよいよ現実化し始めた高成長食品銘柄」

「好業績継続ながら見かけの伸び鈍化で安値更新のネット株」

「コロナデメリットながら過去最高益更新する勢いの食品企業」

 




【追伸:無料メルマガのご案内】

このメルマガでは、そのときどきの注目銘柄を掲載しています。

加えて、現役アナリストでなければわからないような、生の裏情報なども盛り込んでいます。

皆さんの中には何度か株式関係の無料メルマガを申し込んで失望された方も多いと思います。私も株式関係の無料メルマガをいくつか申し込んでみました。しかし、内容のあるものはほとんどなく、結局はそこから有料情報に誘導されるものばかりです。しかし、この無料メルマガは包み隠さず銘柄情報を提供します。

メルマガのバックナンバーはこちら(バックナンバーリスト)。こちらからメルマガへの申し込みもできます。

「春研一の株式投資メルマガ2」

 

 

 p