配当の魅力

株式投資の本質的な価値は、長期的に持って、5倍、10倍を狙うというものです。
しかし、そんなことは実は一朝一夕にできるものではありません。
まずは、株式投資に慣れ親しんで、少しずつ企業というものの勉強をしてゆく必要があります。


ただし、それではいつまでたっても面白くはありません。
そこで、そこまでの知識や知恵は必要なく、株式と付き合う方法もあります。
まずは、その代表として配当について解説したいと思います。


株式を保有いると、年に1度か2度配当をもらえます。
配当は企業が1年間で稼いだ利益の中から支払われます。
今、平均的には株価に対して2%程度の配当金がもらえます。
今や日本で定期預金にお金を預けていても0.1%に満たない金利しかもらえません。

株はリスクがあると言われます。
しかし、人気がなくほとんど動かないような株で、配当金が2%つくとすると、
1年間株を持って株価が変わらないとしても、銀行預金よりずっと得をします。


少ないお金ではそんなに差は感じられませんが、1,000万円あるとしたら、
銀行に預けて1年間で1万円に満たないのに対して、株であれば平均的には20万円の配当が手に入ります。
中には50万円の配当金を支払う企業の株もあります。


こう考えれば、値上がり益ばかり狙う必要がないことがおわかりいただけるのではないでしょうか。

人気のない株価が低迷しているような株を買うと、利回りが高いことが多いものです。
そんな株を保有すれば、毎年高利回りの配当金がもらえたうえ、
ある日突然株価が上昇してキャピタルゲイン(値上がり益)まで手に入るかもしれません。

こんな投資こそ、本当の意味でリスクの小さな投資と言えるかもしれません。
まさに、お金に余裕のある人の投資と言えるでしょう。