読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

企業の調べ方

本章からはいよいよ具体的な企業分析の段取りや手段を示します。
まず、実際私が全く新しく企業を分析し始める場合の段取りを示すことにしましょう。

ファンダメンタル分析の価値】

株式投資は銘柄を人から聞いて、鵜呑みにして投資しているうちはなかなか儲かりません。
本当に儲けるためには、自分で自分にあった方法論を見つけ、銘柄を探す作業が必要です。
そのためには、自らが企業分析を行うことができるようにし、株価も考えられるようにする必要があります。


もちろん、誰も最初のうちからそんなことができるわけではありません。
最初のうちは聞いた銘柄をせめて自分なりに解釈するところから始めます。
まずは、私がお話しする銘柄について自分なりに理解するところからスタートしてもらえればいいでしょう。


ゴルフのレッスンにたとえれば、初めて練習場のティーに立って、
いきなり打ってくださいといわれても、打つことはできないでしょう。
そこで、まずはレッスンプロが打つのを見ます。
次に今のように打ってくださいと言われますが、当然それでもやっぱり打てません。
そこで、うまく打つためには、脇を締めるとか、
ヘッドアップをしないとか、右手を返すとか、具体的な方法のレッスンが始まるのです。


ここでは企業分析、株価分析をするためには、具体的にどうすればいいのかをお話します。
ここで話すことは、企業分析の初歩です。
しかし、株式投資の大ベテランであっても、実際は企業分析のやり方などはほとんど知らないものです。
また、個人投資家の方は、
そもそも企業分析のやり方を教えることのできる人と接する機会はほとんどないでしょう。


つまり、ここからお話しすることは、企業分析の初歩ですが、
決して株式投資の初心者だけに向けたものではないということです。
株式の投資手法にはさまざまありますが、ひとつの手法だけで、
それ以外の方法を使っていないという人はまずいないでしょう。


私もファンダメンタルから株価を考えることには長けていますが、
エコノミストやストラテジストの話も聞きますし、チャートも見ますし、
ファンドマネージャーの相場観も利用していますし、
クォンツの人とも意見交換をして、それぞれの考え方を大いに参考にしています。


どんな立場で株式投資を行っていても、間違いなくファンダメンタルを理解し、
ファンダメンタルと株価の関係を理解することは、その人が持つ得意な手法に対して、
さらに付加価値を与えることになるでしょう。


【理解しやすい企業、しにくい企業】


最初に行うことは、その企業の長期的な業績変動を眺めて、
現状がどんな位置づけにあるかを見ることです。
業績変動を俯瞰するときにとりあえず見るのは営業利益の推移です。


この場合、二つの面から見ます。つまり、長期的な業績のトレンドと中期的な位置づけです。


それでは、具体的な企業を例にとって、実際に企業分析を始めることにしましょう。
ここで例として用いる企業はキユーピー(2809)です。
最初にキユーピーから始めるのには多少の意味があります。
ひとつには、商品が理解しやすいということです。
例えば、電子部品や化学品などの中間財を扱っている企業では具体的イメージが湧きにくいものです。
もちろん、他の食品企業でもいいのですが、
いわゆるコンシューマー(消費者)向け製品のメーカーがいいでしょう。


外食産業や小売業も普段接するという意味では選択肢になります。
ただし、外食産業はまだいいのですが、小売業の場合は、
扱い商品は同じあるいは同じようなものであり、
差別化がオペレーションにあるのでこれも分析に慣れてこないと難しいものです。


また、商品という面も重要ですが、
IR(インベスターリレーション)体制が整っていないと調べにくいという面もあります。
同社の場合、HP(ホームページ)も親切であり、
データも整っているため調べやすいということもポイントになります。


以上のような背景から、企業分析のトップバッターとして、
キユーピーを取り上げて解説することにします。


【まずはホームページへのアクセスから】

 

まずは、会社を理解することからスタートします。
かつては会社のことを調べようと思うととてつもない労力が必要でした。
しかし、今は会社のIR姿勢が良くなったことと、
インターネットの普及でかなりのことが自宅にいて調べられるようになっています。


まず調べてみたい企業があれば、ホームページにアクセスするのが一番手っ取り早いものです。
ここで、念のため言っておきますと、キユーピーはキューピーではなく、キユーピーなのです。
つまり、ユであって、ュではありません。
キユーピーのホームページはこちらになります。
http://www.kewpie.co.jp/index.html
その中で特に株式投資の分析に使うのはこちらのIRのページです。
http://www.kewpie.co.jp/company/ir/index.html


次回から財務データを用いて具体的に企業分析を進めるのですが、
まずはホームページをあちこちクリックして、どんな資料があるか見てください。
特に、コンシューマー企業は消費者を意識している面が強いので、
できる限り企業情報を開示しているため、HPを見るだけでもその企業をかなり理解できるものです。


ただし、安易に理解という言葉を使ってしまいましたが、
それはあくまで企業のことがある程度わかるということであって、
株式投資に使えるような形での企業分析とはかなり異なるものです。

 

そして、ざっとでいいので事業内容を見た段階で、どんな業績か想像してみることをお奨めします。
つまり、自分を含めた世間がどう感じているか、
そして業績を見たときとのギャップが意外と株式のリターンを考えるヒントとなることがあるからです。
最初のうちは、そんなに深いことを考える必要はありませんので、
食品市場自体が成熟市場なので、「あまり成長していそうもないな」とか、
「業績は今ひとつかな」とか何でもいいのですが感じてみることが次につながります。

 

 

 

 

中期的循環の分析とは

前回までに述べてきたように、株式投資で成功するためには、
株価変動要因のどれかに絞り込んで分析する必要があります。
その中で、当ブログでは企業の中期的な業績循環に絞ってお話しします。

(1) 中期的な循環を分析することとは


具体的な分析方法は先に行って述べるとして、ここではどんなことを分析するのかということをお話しします。
ここまでは中期的な循環という表現を使いましたが、感覚的には中期的な業績変動と考えた方が理解しやすいでしょう。
企業の業績は様々な外部要因、内部要因によって変動します。
好調な時期もあれば、不調な時期もあります。好不調の波が大きな企業もあれば、その波が小さな企業もあります。


まず、理解する必要があるのはその企業が今どんな状況にあるかということです。
好調なのか、不調なのか、そしてそれが何によって影響されているのかを分析します。
これは業種によって共通している場合もありますし、企業ごとに異なる場合もあります。


その時に必要なことは、なるべく長期的な業績推移を見て、その企業の業績変動の傾向をつかむことです。
そして、その業績変動の要因を発見することが最初に行うことになります。
一企業の業績変動の要因を発見するためには、まずその企業が属する業界の一般的な傾向を理解することから始めます。
これは様々なケースで過去に分析されたものの中から発見できます。次に、その企業の独特な傾向を分析します。


このようにして、まずは企業業績の変動要因を明らかにして行きます。
これである程度のことが見えるようになります。


 (2) アナリストとの違い


このように企業や産業を分析するわけですから、プロの世界で言えばアナリストの行っていることを行うということになります。
ある面、アナリスト、私の職業でもありますが、そのアナリストのノウハウを学んでいただきたいと思っています。
そうなると当然プロのアナリストがやっていることを個人投資家ができるのかという疑問を持つ人もいるでしょう。
もちろん、プロのアナリストに全面的に勝とうというわけではありません。
情報量も違うし、分析に費やす時間も異なります。しかし、実は有利な点もそれと同じくらいあるのです。


皆さんご存知のように、アナリストというと高い分析力や豊富な知識で、
証券の職務の中でもレベルが高く、プロとして完全に成り立っている職種です。
素人目で見て、そんなことができるようになるのかと思っても不思議ではありません。

でも、実は少し違います。


アナリストの行っていることの3分の1のことをやれば十分なレベルの分析になるのです。
アナリストの費やす3分の1のエネルギーで120%の効果が得られます。


なぜそうなのかということをお話ししますと、アナリストのやっていることは、
銘柄を調べて、深く理解することがまず大前提としてあります。
しかし、さらにそこから他人にその内容を伝えるためにレポートを作るという作業があります。
これにはかなりのエネルギーを要します。


特に文字にする作業というものは正確性を要求されますから、記載するデータなどが間違いないように一つ一つ確認します。
重要なデータであればもちろん正確に把握する必要がありますが、
必ずしも重要でないデータの場合にも適当にはできませんから、チェックに時間をかけることになります。


さらに、最も大きなエネルギーを注ぐものは、世界中を回って多くの投資家に調べたことを伝えなければなりません。
この2番目と3番目は皆さんの想像以上に大変な労力です。
ですから、実は銘柄について調べて理解し、そして投資をするだけであれば、彼らの3分の1のエネルギーで済んでしまうのです。


しかも彼らは、業種を決めて、銘柄を決めて、それだけが分析対象になります。
その業種がしばらくだめだとわかっていても、調べ続けなければなりません。
しかし、皆さんは興味のある銘柄だけを調べて、本当に興味がなくなれば、別の銘柄を調べれば済みます。
ですから、やることは実はぜんぜん楽なのです。


(3) むしろアナリストより株を当てやすい立場


よくアナリストは株が当たらないと言われます。それは当然です。
彼らに要求されているのは、企業の内容や業績についてより詳しいこと、
場合によっては企業にこうしたほうがいいというような提案力が要求されているのです。


株価を当てることももちろん重要ですが、株価は誰がやってもいつも当たるわけではありません。
しかし、企業業績に詳しくなることは、努力に比例します。
そのため、株価を当てることより、企業業績に詳しくなることを選びがちです。


ですから必ずしも彼らは常に株価を当てることにエネルギーを注いでいるというわけではないのです。
しかも業種を絞って分析しているわけですから、その業種がだめなときはどの銘柄もダメなのですが、
それでもいい時と同じエネルギーで調べ続けなければなりません。


そういうことを考えれば、皆さんがアナリストのやることを学ぶということは、
彼らのやっていることの一部を学ぶことですから、そんなにとんでもなく大変なことというわけではありません。


まずこれがひとつ大きなポイントになります。


別の観点からも個人投資家が企業を調べることの優位性があります。
フォローしている銘柄が10個あったと仮定して、当たるかどうかは別問題としても、
ある時点で上がると思える銘柄、下がると思える銘柄がそれぞれ2つずつあるとします。
残りの6つは実は上がるか下がるかわからず、動くか動かないかもわからないのが実態なのです。


しかし、アナリストはそのすべてに判断を示さなければなりません。
上がる、下がる、動かないという具合です。
自分のための分析であれば、わかる銘柄だけ判断すればすみます。
上がりそうだから買おう、下がりそうだから売ろう、どちらだかわからないから様子を見ようという感じで十分なのです。


また、アナリストは当たるか外れるか微妙な注目度の高いところで勝負をしようとします。
あるいはマーケットを動かすことを考えます。
これは当然リスクが大きいのですが、アナリストは注目されてこそ価値という面がありますのであえて挑戦します。


一方、個人投資家は大向こうをうならせる必要はありませんから、逆にマーケットの隙間を狙えます。
当然、マーケットの隙間狙いの方が勝率は圧倒的に高くなります。


このように、皆さんがアナリストと同じことをする中で、皆さんの方が有利な点というものが非常に多いのです。
ですから、本ブログで述べることを真剣に学んでいただければ、十分アナリストと対抗し、マーケットに勝てるだけの力をつけることができるのです。

 

ファンダメンタル分析の意義

前回まで説明してきたような株価変動モデルを踏まえて、
ここでは企業のファンダメンタルを分析することの意義とその使い方の概要を解説します。

 (1) ファンダメンタル分析の優位性

株式投資を行うに当たっては、前章までに説明したような株価変動要因のどこにポイントをおいて分析するか決める必要があります。
すでに見てきたように多くの要因が複雑にからみあって決まる株価に、何の戦略もなしに投資することは、お金をどぶに捨てるのに等しい行為となるためです。


まずは、前述の4つの株価変動要因のどれかに的を絞ることが賢明でしょう。その場合、それぞれに一長一短があります。
ここではその中で、企業のファンダメンタルを分析することの優位な点について考えてみたいと思います。


ファンダメンタル分析の最大の優位性は他人と差別化しやすいことです。
マクロ要因の予測も、株価の中期変動も短期変動も他人と差別化するのは容易ではありません。
ただし、ファンダメンタル分析で他人と差別化するためには、多くの人が継続的に見ている銘柄を選んでも無駄です。
それではマクロや株価変動と皆が観察しているという意味では同じになってしまいます。


特定の企業を比較的長期間見続けることによって、だんだんと自分の理解度が高まり、他人に対する優位性が増します。
ただし、業績が好調で株価が高い局面では多くの人がウォッチするようになりますので、
そういったときには必ずしも優位性が発揮できるとは限りません。
特に優位性が発揮できるのは人気がなくなったときです。そして、その後業績が回復に向かうときです。
そのためには継続的にウォッチすることが重要となります。


(2) マクロや株価変動の位置づけ

世の中には、個別銘柄に投資しているのにもかかわらず、日経平均TOPIXがいくらになるかを常に真剣に知ろうとしている人が多くいます。


確かに、マーケット全体がどう動くかがわかれば、個別銘柄も当てやすくなるためですが、
そうは言っても個別銘柄を当てることより、マーケットを予測することの方がずっと複雑で難しいのです。


もちろん、マーケット全体のことを理解しておけば、安心感があるという位置づけを理解して行っているのなら話は別です。
しかし、講演会などでも、全体を見るのは難しいので個別からアプローチしていますと説明しているにもかかわらず、
日経平均は10,000万円行くと思いますか、とか聞かれると、本当にこの人は何もわかっていないんだなと思ってしまいます。

これはいくら考えても当たるものではないし、誰かの意見を聞けばずばずば当ててくれるものでもないのです。
また多くの人の意見を聞いて多数派についたとしてもそれで当たるわけでもありません。
そもそも変動要因が多すぎて終わったことを理解するだけで日が暮れてしまうものです。

そこで、市場全体についてや株価変動については日経紙の株式市況欄に目を通す程度でいいのではないかと思います。
もちろん、余裕ができればそれ以上のことを理解しようとしてもいいのですが、
投資対象の企業のことを理解することに力を注いだ方がずっと成果は出やすいものです。

 (3) 難しい長期トレンドの予測


3月1日付のブログでは、一口に企業のファンダメンタルと言っても、長期のトレンドと中期の循環があることを述べました。
参照記事:http://cherry2910.hatenablog.com/entry/2017/03/01/224131
それでは、ファンダメンタルを分析する場合、どこに焦点を当てて分析すべきでしょうか。


しばしば、株式投資の入門書を見ると、必ずと言っていいほど、長期投資のメリットが述べられています。
そのような場合、過去の成長企業を取り上げて、30年前にこの株に10万円投資したら、
その後の30年間で5,000万円になっていますというような話があります。
そして、それこそが株式投資の最大の魅力と述べていることが多いものです。


しかし、株式投資の魅力の例としては、実はこの長期投資というものは、わかりやすい反面、非常に誤解を招く表現になっています。

1989年までの日本のように、経済が長期的に右肩上がりに成長し、
平均株価が大きく上昇するような環境であれば、爆発的に上昇する株に当たる可能性も高かったと思います。
たとえば、1969年12月末から1989年12月末のTOPIXは20年間で約16倍になっています。年率に直せば約15%の上昇です。

片や1989年12月末から2009年12月末までのTOPIXは20年間で約3分の1になっています。年率に直すと6%の下落になります。
つまり、20年間で16倍になった市場と20年間で3分の1になった市場を同じ尺度で測ろうとしていることになります。


それでも10年、20年の間に10倍、20倍になる株はあることでしょう。しかし、事前にそれを予測することは極めて困難です。
そもそも10年、20年で10倍、20倍になると言っても、コンスタントに上昇してそれが達成されるわけではありません。
半年で2倍、3倍になるときもあれば、逆に半年で半値になることもあります。
その間、その企業の業績に対する見方もそれだけ大きく変わっているということです。


そのような状況で自信を持って保有し続けることには大きな困難が付きまといます。
それゆえ、企業を長期の成長という切り口で分析するのは非常に難しいことになります。

一方、成長という観点とは別の意味での長期投資は今でもそれなりの意味を持っていると考えられます。

前回も触れましたが、米国における超長期の分析によれば、
株式のリターンは純資産の増加と配当利回りの合計値に等しいものとなっていることからも、
株価の長期トレンドの主因は企業業績であることがわかります。

ただし、これは高成長企業を念頭においたものではありません。
たとえば、毎年コンスタントに利益を稼ぐことができ、PBRが低ければいいのです。
仮にROEが10%の企業で、PBRが1であれば、毎年10%のリターンとなります。
地味ですが、これでも10年で倍以上になりますので、実は非常に効率的でリスクの小さな資産運用法と言えましょう。
もちろん成長しなくてもいいのですが、想定した収益を稼ぎ続けられる力量があるかどうか判断する分析力は必要となります。


さて、ここまで見てきましたように、最後に述べたケースを除けば、
長期的な成長株を探すことや成長株に投資して長期で高いリターンを狙うことの困難はご理解いただけたのではないでしょうか。
そこで、特にファンダメンタルの分析対象とするものは残った中期的な循環あるいは中期的な成長を念頭に置くということになります。

そのやり方については次回以降でじっくり解説して行きます。


 

ファンダメンタルとは無関係な株価変動

株価は前回説明したファンダメンタル要因の変化だけで動くわけではありません。
むしろファンダメンタルに依存した株価変動は中長期的なものであり、
より短期的にはやや循環性のある中期変動、
およびランダムな短期変動という株価のブレとも呼べる価格変動要因があります。


株価の中期循環

まず、株価の中期循環(D)と株価の短期変動(E)のグラフを示します。
株価の中期循環は、機関投資家の資金事情、信用取引や配当の影響によると考えられます。

 

f:id:cherry2910:20170303212343j:plain


機関投資家では、資金の性格によって資金が入ってくる時期が決まっているため、
売り買いがそれによって影響を受けることがあります。
また、ファンドの決算期が12月や3月に集中していることから、
そのことによっても株価は影響を受けることになります。

一方、信用取引は仮需であり、6ヶ月以内に決済しなければなりません(6ヶ月信用取引の場合)。
それによっても循環が生じることがあります。

これらはともに上昇局面と下落局面でレスポンスが異なるため、
その時々で影響の現れ方は異なります。
また、昨今は配当利回りが高くなっているため、
配当目当ての株の売り買いというものもあります。
これらが複合的に影響して、中期循環が生じると考えられます。

ランダムな株価変動

株価のベースになるファンダメンタルはあらゆる経済現象の動きの結果であり、
その日々の変化はあまりに多様であって、誰もその全体の変化を日々正しく認識することはできません。


しかし、それらが断片的にデータとして目に見えるものになり、
ニュースになって多くの人の耳目に入ると、
個々の投資家がそのニュースに反応して株式市場でも行動を起こします。
それによって株価が変動すると、その株価の動きを見て行動を起こす人もいます。


これが株価の瞬間、瞬間のランダムな動きと考えられます。
つまり、今日1%上昇したとして、
それが何か意味のあるファンダメンタルの変化を正確に反映したかというと、
必ずしもそうではないことが多いのです。
その結果、翌日には1%下げて元の水準に戻ることもしばしば起こります。


これが、株価のランダムな変動ということになります。
その結果、ファンダメンタルは多様な動きではありますが、
緩やかな動きであるにもかかわらず、株価は日々めまぐるしく動くことになります。
しかし、必ず最後はファンダメンタルが示す位置に収束するのが株価というものです。


実証研究からの裏付け


日々の株価変動はここまで説明したような様々な要因が積み重なったものです。
もちろん、これらはその時点においてそれぞれを分離して表せるものではありません。
また、現実の株価はここで述べた以外の要因によっても影響を受けるため、さらに複雑な動きとなります。


しかし、さまざまな研究データから見ると、
このように株価変動を考えると理解しやすいという面があるのです。
多くの分析事例を羅列しても混乱するので、簡単な例を示すことにしましょう。


米国における超長期の企業のファンダメンタルと株式のリターンの研究によると、
株式のリターンはほぼ純資産の成長と配当で説明できるという分析データがあります。
この分析では企業のファンダメンタルと無関係な株価変動は、
長期的には株式のリターンには無関係であることを意味しています。


もちろん、株価は日々変化していますので、このランダムな株価変動で儲けようという人も多くいます。
しかし、これらはまさにランダムですから、日々の株価を追いかけて儲けようという行為は、
結局は合法的なギャンブルということになります。
古来より、ギャンブルで資産を形成した話は滅多にありません。
それゆえ、株は危ないと一般的に思われているわけですが、
大多数の人がランダムな動きに賭けるギャンブルを行っているのですから、それは当然でしょう。

当ブログではそのようなランダムな動きとは一線を画して、
基本的に企業のファンダメンタルを重視して株式投資でリターンを得る方法を解説します。

 

株価とファンダメンタルの関係

 

株価は、企業のファンダメンタル、世界経済や金融情勢などのマクロ環境、
そして短期、中長期の株価変動によって動いています。
これらの関係を理解することから始めますが、
まずは企業のファンダメンタル及びマクロ環境と株価の関係から見ることにしましょう。

(1) 企業のファンダメンタルと株価

個々の企業の業績による株価変動は長期トレンド(A)と中期循環(B)
に分けることができます(A、B、C・・・の記号は図中の記号を示しています)。

 

f:id:cherry2910:20170301224102p:plain
 

Aの業績のトレンドは右肩上がりの成長企業を例にとって示していますが、
当然右肩下がりの企業や、横ばいの企業もあります。
株式投資のうち長期投資はこの長期トレンドで儲けようというものになります。

しかし、実際問題としてはこの長期トレンドを予測することは非常に難しいものです。
この辺りはもう少し先で詳しく述べたいと思います。

Bは個々の企業ごとの業績の中期的な循環による株価の変動を示しています。
私の解説するファンダメンタル分析は主にこの中期循環と株価の関係を見ようというものです。

企業ごとの業績は、いろいろな外部環境に影響を受けます。
その外部環境と企業の業績の関係を見つけ出す作業が、株で儲けるためには非常に役に立ちます。

(2) マクロ環境と株価変動

個々の企業の業績は何らかの形でマクロ環境の影響を受けます。
マクロ環境とは世界の景気や日本の景気、為替の変動や原油価格の変動などのことを指します。

企業の業績がマクロ環境の変動の影響を受けるのですから、
個々の企業の株価は企業業績を通じてマクロ環境の影響を受けていることになります。

しかし、それとは別に市場全体は世界的な金融情勢の影響を強く受けます。
この変動は株価に対する長期的な影響は小さいと思われますが、中期的には大きな影響を与えます。
これが金融情勢の変化による株価の変動(C)です。

つい最近あったリーマンショックのような金融危機では、世界的に金回りが収縮するため、
株価は企業の実態価値を大きく下回って売られることになります。
これは、世界景気の悪化によって企業業績が悪化すること以上に株価が売られることを意味しています。

逆に、1980年代末の日本のように超金融緩和状態になると、
株価は企業の実態価値以上に大きく上昇し、いわゆるバブル状態となります。
しばしば、不況で企業業績が厳しいにもかかわらず、株価が上昇することがあります。
このいわゆる、不況下の株高と言われるものの背景も金融緩和です。

これは投資資金の逃避先という面からも解釈することができます。
つまり、お金を何で運用するか考えた場合、不況が続きそうであると考えれば、
直接、事業に投資しても見返りが期待できないですし、リスクも大きなものとなります。
そこで、資金を株式投資に向けるということです。

(3) ファンダメンタルとは無関係な株価変動

以上のA、B、Cの要因によって決定される株価を(A+B)*Cのグラフに示しました。
ここまでが、ファンダメンタルに依存した株価の変動となります。
なお、ファンダメンタルはここまで示したように大きく分けて企業業績と金融情勢の二つの要因を含みますが、
前者の企業業績だけをファンダメンタルと表現することもあります。

このようなファンダメンタルに基づいた株価変動がベースにあって、
そこにかく乱要因としてそれらのファンダメンタルとは別の短中期の株価変動が加わり、
現実の株価は決定されていると考えられます。

次章ではそのファンダメンタルとは無関係な株価変動について述べます。

 

株式投資のノウハウ「中級編」スタート

前回までは株式投資「初級編」でした。
株式投資を始めたばかりの初心者が、右も左もわからない中で、リスクを回避しながら銘柄を選択する方法について解説しました。


ここから「中級編」になります。
基本的なコンセプトは株価と企業業績の関係、企業を調べることと株式投資との関係、そして企業分析の初歩になります。


企業を調べることの意味

株式投資はそびえたつ最高峰への登山にたとえることができます。
8合目から上はプロの世界としましょう。

まずは、株式投資の8合目を目指します。
そのとき最も重要なことはとにかく途中で遭難しないことです。

8合目までの道のりには多くのルートがあります。
一直線に断崖絶壁を登る道。うっそうと木が茂るジャングルを、枝をかき分けて進む道。
これらは比較的8合目までの距離は近いのですが、事前に十分な準備と天候や気温の調査などが欠かせません。

そのほかには登山道をゆっくりと登る道もあります。それも1本ではなく何本もあります。
そして、そのどれもがいくつかのバリュエーションがあります。

このように株式投資の方法論にはいくつもの道があります。
それらの方法論の違いには、まず8合目までたどり着ける確率の違いがあります。

ゆっくりですが、一歩一歩確実に8合目に近づく方法もあれば、
一度足を踏み外すと立ち直れなくなるような方法もあります。

その中でこのレポートではファンダメンタルを中心に据えて、株価との関係を考える方法を解説するものです。
時間はかかりますが、これは一歩、一歩着実に8合目に近づく道です。


企業分析の基本


いきなり企業分析と言ってもなかなかハードルは高いものです。
その中から無理なく始められる企業分析の基本を解説します。
企業情報の入手方法、グラフの作成方法、長期業績変動の把握方法などです。

さらに現状をしっかりと把握するためには、最近の短期的な業績変動を観察する必要があります。
そこで、そのためのツールとして、業績表の作り方を解説します。

また、業績の先行指標である月次データの取得法、活用法についても解説します。

それでは始めることにしましょう。

 

初級者はチャートの世界に近づくな

この辺りで、まずは初級編を終わりにしたいと思います。
そこで、初級編の最後に当たって、ちょっと大切な考え方をお話ししておきます。
それは初心者の内にはチャートで株価を考える見方はしない方がいいという話です。

「パターン=規則性と考えてしまう間違い」について

物事を説明するのに絵や図を使うと非常にわかりやすく説明できます。
しかし一方で、絵や図は理論をごまかしやすい部分や錯覚しやすい部分があります。
株価のチャートもそのような性格を持っています。

数多くの銘柄の株価チャートを眺めていますと、いくつかのパターンが見えてきます。
パターンがあるということは、そこから規則性を発見できれば、
株式投資で利益を得ることができると考えがちです。

往々にしてパターン=規則性と考えてしまいますが、実はパターンと規則性は全く別物です。
株価の変動の本質を分かっていない人にとっては、株価変動はほとんどブラックボックスの世界です。
そこに見える一縷の光がチャートとなりますので、どうしてもすがりたくなります。
でも最初のうちにそれだけは避けてください。


「検証で否定される規則性」について

たとえば、彗星の軌道にはパターンがあります。
そこで、そのパターンを分析することによって、規則性を発見することができます。
自然科学の場合は、パターンから規則性が発見されることが多いものです。

一方、社会科学の場合のパターンには景気循環があります。
そしてそこからジグラー、コンドラチェフといった循環が主張されています。

そうであるならば、株価にも規則性があってもおかしくはありません。
私もそれを全面的には否定しません。

ところが、前2者のケースとチャートでは根本的に異なる部分があります。
それはそのパターンの背景にある理論的裏付けに対する理解の深さです。

つまり、彗星の場合であれば物理学の知識があって初めてパターンから規則性が発見でき、
景気循環も経済という社会科学の知識や実証例があって初めて規則性が主張できるのです。

ところが、往々にして個人投資家がチャートにはまり込むパターンは、
過去の価格変動だけから将来を予測する方向へ行ってしまうのです。

ここが、前2者と根本的に異なる部分で、説明変数に過去の価格しかないのです。
しかし、過去の価格は将来の価格を説明しないということは、多くの学者によって証明されているのです。

証券の世界にはチャートの専門家もいます。
彼らの多くは、チャートはアートだと言います。
つまり、チャートは物事を説明しやすくする道具立てであって、
最後の銘柄選択はそれ以外の知識で行っているのです。

「神話好きはいいけれど、投資には向かない」

繰り返しになりますが、株価の変動の本質を分かっていない人にとっては、
株価変動はほとんどブラックボックスの世界です。
そこに見える一縷の光がチャートとなりますので、どうしてもすがりたくなります。

大昔の人々が錬金術にはまってしまったのと似ています。

別にたとえて言うならば、星座の世界です。
昔の人々は星を見て、農作業の時期を決めていました。これはまさに科学で、規則性のあるものです。

一方で、星座という考え方があります。
これは実は科学ではなくロマンです。
つまり、星座を形成する一つ一つの星は地球から見て同方向に見えるだけで、星同士はまったく無関係です。
しかし、その星座がギリシア神話の神々と結びついて、無数の物語が語られています。
それだけ、パターンは人を魅了します。

そのようなロマンを追求するのはいいのですけれども、ロマンで飯は食えないのも事実なのです。
同じ楽しむのであれば、何回か前に解説した配当金や株主優待の方が、実利がある分、かなりましです。

くれぐれも、初級者はチャートの世界、神話の世界には近づかないでください。
はまってしまったら、生きては帰ってこられなくなってしまいますから。